牛窓 acca

東京広尾の人気イタリアンが2014年に移転オープンした「牛窓acca」についに訪問。

#牛窓acca
#acca

「チーズ&フルーツ」
梨といちじくでヨーグルト風味がするソース

「メバルのムニエル」
前菜の次になかなかパンチのある一皿がちょっと驚き。

付け合せなどはなく、メバルがどん。

腹部分ににんにく一片詰められていて、しっかりとガーリックの効いた一皿。
しっかり効いてるんだけど、メバルそのものの身がしっかりしてるし味も濃いので良い感じ。

「ハモ リゾット」
一番複雑性を感じる味でした。
冬瓜が入っていて、辛味オイルとハモ出汁とそこをつなぐスパイス感が個人的にはこの日一番ツボった料理。

「おこぜ ヴァポーレ」
ヴァポーレ=蒸し料理
こちらもメバルのムニエル同様に、オコゼがどん。

面白いスパイスでちょっとスパイシーに仕上げられてました。

火入れも絶妙で、オコゼのようなしっかりとした味の魚だからこその味付けがうまい。

「acca 畑トマト 青とおがらしスパゲティ」
Simple is Best

「ほろほろ鳥 マッシュルームソース」
骨付き鶏に牛窓らしいマッシュルームを使ったソース。

「神宝マンゴープリン」
牛窓でマンゴーを作っている神宝さん。
前職で取引もさせていただいていたので、久しぶりにその名前をみて懐かしさがこみ上げてきました。

プリンというよりはムース?のようなふんわりとした食感で、チョコレートとの味のバランスが絶妙。
メニューを見たときのプリンと全く違う印象のもので驚きと美味しさがシェフの凄さなんだなぁと実感。

~~~~~

以下、各webメディアを参考にした感想です。

東京から移転する際に、南イタリアのように魚の美味しい土地を探し求めて全国の中からシェフが選んだのがこの牛窓。

海の塩分濃度も南イタリアに近いそう。
そんな牛窓の朝採れの魚は地元の鮮魚店から仕入れていて、メバルやおこぜなど瀬戸内海らしい素材を使い見た目の鮮やかさをあえて排除した(ように僕は見える)料理を見ると、これが今のシェフのやりたい料理なんだろうと思う。

僕が食べに行った時は女性がサービスをされていました。

どうやら2017年頃から人生のパートナーとして一緒にされているそう。
それまではお母様の介護もされながら、一人でサービスまでされていたことを考えると、オープン当初のクオリティとはまた違うサービスになっているのだと思う。

最近、世間的に「高級な料理」と言われるものを食べる時に、いろいろなことを考えます。

僕は料理の味がすごく分かるわけでもないし、ましてや作り手の方の想い、意図を完全に汲み取れるわけではないのにあーだこーだ言うのもおこがましいと思っています。

でも、それでもシェフと会話するわけでもなく、こうやって体験したことを綴ることは、

「美術品をみてそこからなにを感じ取るか」

それ自体がとても貴重な体験で、僕にとっては料理を食べることが美術品を見るような、そんな体験なんだろうなと新幹線に乗りながら文章を書かせていただきました。

「牛窓 acca」の店舗情報

※訪問時の内容になりますので、最新情報と異なる場合がございます。

関連ランキング:イタリアン | 瀬戸内市その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。